So-net無料ブログ作成
検索選択

「法廷で真実話して」…歩道橋事故強制起訴(読売新聞)

 兵庫県明石市の歩道橋事故から8年9か月。明石署の榊和晄(かずあき)・元副署長(63)が20日、一般人で構成する検察審査会での起訴議決を経て、強制起訴された。

 遺族らは「法廷で真実を話してほしい」と訴えている。一方、「市民による起訴」にこぎ着けた指定弁護士は起訴後に記者会見し、公判での有罪立証に自信を示すとともに、「これからが本番」と気を引き締めた。

 事故で次男の智仁ちゃん(当時2歳)を亡くした下村誠治さん(51)は、「心にぽっかり開いた穴を埋めようとしてきた。3年、4年かかっても真実を知りたい」と語る。

 下村さんは今後、指定弁護士に会って、被害者参加制度で公判に参加できるよう手続きを要請する考えだ。自ら法廷で榊元副署長に質問することを念頭に、「証言と矛盾する点があれば突っ込んでいきたい。これまでどんな責任を感じてきたのか直接言葉を聞いてみたい」と述べた。

 また、長女の千晴(ちはる)ちゃん(当時9歳)と長男の大(だい)君(同7歳)を亡くした有馬正春さん(51)は、これまで民事、刑事の裁判のほとんどを傍聴してきた。業務上過失致死傷罪に問われた同署元地域官の金沢常夫被告(60)(上告中)の公判では、証人として出廷した榊元副署長の証言を聞き、「現場に責任を押しつけている」と失望感を抱いたという。

 有馬さんは、強制起訴について「証人と被告では重みが違う。元副署長は真実を語り、有罪という形で責任を取ってほしい」と話した。

 ◆指定弁護士「身引き締まる」◆

 起訴後に記者会見した指定弁護士の安原浩弁護士は、「睡眠不足を押してやっとここまで来たが、立証活動を考えると、身が引き締まる思いだ」と話した。遺族が被害者参加制度を利用して公判に参加する意向を示していることについては、「しっかりサポートし、密接に連絡を取りたい」と述べた。

 事前の警備計画に関する過失も訴因に加えたことに関しては、「直近の過失として事故当日を最優先に考えたが、これを否定された場合のために事前の警備計画も盛り込んだ」と説明した。

 ◆地検「協力していく」◆

 神戸地検の小寺哲夫・次席検事は起訴について「指定弁護士が今後も円滑に職務の遂行ができるよう、引き続き、執務室の提供など可能な範囲で必要な協力をしていきたい」とのコメントを出した。

          ◇

 兵庫県警は、強制起訴を受け、田中登士(たかし)・県民広報課長が「当時の関係職員が起訴されたことを厳粛に受け止めるとともに、改めて亡くなられた方々のご冥福を心よりお祈り申し上げます。今後も引き続き、県民の安全を守るため、雑踏警備に万全を尽くしていきたい」とのコメントを発表した。

海軍ヘリ異常接近、岡田外相が中国対応を批判(読売新聞)
民主内で消費税巡る議論、参院選の争点に?(読売新聞)
「住宅エコポイント」窓の断熱に人気 店や自治体、独自の動きも(産経新聞)
両さん銅像 亀有の商店街関係者ら 包帯で応急手当て(毎日新聞)
帯広市長選 石川知裕議員と故中川昭一氏夫人が積極的動き(毎日新聞)

アイスランド噴火で成田発着22便が欠航(産経新聞)

 アイスランドで火山が噴火し火山灰が欧州北部の上空を覆っている影響で、成田空港でもヨーロッパ発着便計22便が欠航するなどの影響が出ている。

 全日空では、成田発パリ、フランクフルト、ロンドン行きとその折り返し便の計6便の欠航を決め、1600人に影響が出ている。また、日本航空では、これらの路線とその折り返し便6便に加え、成田発アムステルダム行きとその折り返し便、成田発ミラノ行きの計9便の欠航を決め、2300人に影響が出ている。

 国土交通省成田空港事務所によると、海外の航空会社の成田発着便でも、KLMオランダ航空など4社がアムステルダム発成田行きやその折り返し便など計7便の欠航を決めた。

【関連記事】
火山噴火で欧州の空が大混乱 各国で空港閉鎖相次ぐ
地熱発電を世界展開へ 三菱重工とアイスランド電力最大手が連携
アイスランドで火山噴火 450人避難
反対票93・2%で確定 アイスランド 英蘭預金保護の国民投票
欧州株反発 企業業績回復期待から
外国人地方参政権問題に一石

「ママ、赤いシャボン玉だ! 」=ジュースで作成、夢かなう−山崎さん長女優希ちゃん(時事通信)
<質問なるほドリ>アジア大会新種目、なぜ囲碁が選ばれたの?(毎日新聞)
原発建設ラッシュ、66基に=昨年から14基増−産業協会調査(時事通信)
文部科学省、公立学校の耐震化に予算配分(産経新聞)
<山岳事故>福井の女性が滑落死…北ア・鹿島槍ケ岳近く(毎日新聞)

雑記帳 24金製サッカーボール…公式球と同じ大きさ!(毎日新聞)

 6月に開幕するワールドカップ(W杯)南アフリカ大会を記念して作られた24金製のサッカーボールが仙台市青葉区の百貨店「仙台三越」に展示されている。

 ガラスケースに入れられた黄金ボールは公式球と同じ大きさで、まばゆいばかり。約3キロの金が使われ、お値段は2940万円という。20日まで展示される。

 「W杯で優勝したら、日本代表にプレゼントしたい」と販売元。ただ「ベスト4入り」を掲げる岡田ジャパンの調子は今一つ。目標を黄金ボールに変更したら、チームももっと輝く?【垂水友里香】

【関連ニュース
雑記帳:まずはギネス制覇 巨大ユニホームでW杯勝利祈願
サッカーW杯:入場券のデザイン発表
サッカーW杯:FIFA公認の世界地図…松山の会社が販売
レソト:W杯宿泊の穴場…安心価格、会場に近い、治安良好
サッカー:日本完敗、セルビアに0−3 チャレンジカップ

市長派市議、阿久根市長不信任決議案を提案(読売新聞)
<愛知・豊川の家族5人殺傷>ネット回線再解約が引き金に(毎日新聞)
「定量的な目標設定がシステム刷新成功の鍵」――大和証券・鈴木常務
<野菜高騰>スーパーは出血覚悟の「大放出セール」(毎日新聞)
ライター事故 1人死亡…04〜08年度、独法に通知(毎日新聞)

銀河団の成長とらえた=衛星「すざく」で−理研など(時事通信)

 宇宙のガスやちり、星の分布には濃淡があり、濃い部分は網を張り巡らしたように見える。この網の結び目には、銀河が数百から数千個も集まった「銀河団」がある。この銀河団に近くのガスが流れ込み、成長している様子が、X線天文衛星「すざく」による観測で初めて明らかになった。
 理化学研究所の川原田円特別研究員(現宇宙科学研究所研究員)らが10日までに、地球からおとめ座の方向へ24億光年も離れた銀河団「エイベル1689」で発見した。宇宙の大規模構造がどのように発展するかの解明に役立つと期待される。論文は米天文学誌アストロフィジカル・ジャーナルに掲載される。
 川原田研究員らは、この銀河団の周囲に広がる高温ガスから放射されるX線を、すざくで観測した。その結果、外縁部の2000万度の高温ガスの中に、6000万度の領域があることを発見。米国の地上望遠鏡による観測結果と合わせると、この領域には近くの「網」からガスが流れ込み、衝突して温度が高くなっていることが分かった。 

【関連ニュース
〔特集〕日本人宇宙飛行士の軌跡
〔写真特集〕国際宇宙ステーション
〔写真特集〕宇宙の神秘 コズミックフォト
〔用語解説〕「国際宇宙ステーション」
「いつか3人で宇宙旅行」=山崎さんから家族に初メール

白タク運転手ら7人逮捕=元仲間を監禁容疑−警視庁(時事通信)
新党、「平沼党首」で合意…10日に結成(読売新聞)
宇宙飛行士、山崎さん出発 母校に150人 「フレッフレッ直子」大歓声(産経新聞)
<アムネスティ>中国大使館前で死刑執行停止求めアピール(毎日新聞)
ニコン、タッチシャッター搭載モデルなどコンデジ「COOLPIX」の一部を発売延期

後期高齢者医療制度の保険料、全国平均千3百円増―10年度(医療介護CBニュース)

 厚生労働省は3月30日、後期高齢者医療制度の2010年度の保険料額(見込み額)などを公表した。それによると、10年度の被保険者一人当たりの保険料額は、全国平均で今年度比1300円(2.1%)増の年額6万3300円となる。

 都道府県単位の後期高齢者医療広域連合のうち、被保険者一人当たりの保険料額が増加するのは31広域連合で、増加率が最も高いのは徳島の7.7%。また、広島(5.8%)や大阪(5.1%)も高い。一方、減少するのは15広域連合で、減少率が最も高いのは茨城の5.4%。以下は埼玉(3.5%)、宮崎(2.7%)などで、増減なしは和歌山のみ。

 また、被保険者一人当たりの保険料額が最も高いのは東京の8万8439円で、これに神奈川(8万5724円)、大阪(8万728円)と続いた。一方、最も低いのは秋田の3万8110円で、岩手(3万8342円)や青森(3万9939円)も低い。

 厚労省によると、当初は全国平均で約14%の増加が見込まれたが、広域連合の剰余金活用や、都道府県に設置されている財政安定化基金の取り崩しなどにより、保険料の増加が抑制された。


【関連記事】
費用負担、公費めぐる意見多数−高齢者医療制度改革会議
次回介護報酬改定で保険料上昇を示唆―山井政務官
市町村国保の保険料収納率が過去最低に―厚労省
協会けんぽへの国庫補助拡充を要請−健保連など3団体
介護保険料、全国平均は月4160円−厚労省

金嬉老元受刑者死去 68年、寸又峡で籠城事件 81歳(産経新聞)
<ほめる育児>社会適応力高い子育つ 親子400組調査(毎日新聞)
日本絵本賞 大賞の嶋田さんら表彰(毎日新聞)
「TOKYO1週間」「KANSAI1週間」休刊、講談社(産経新聞)
亀井、仙谷氏に溝=郵政改革(時事通信)

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。