So-net無料ブログ作成

<口蹄疫>風評被害ズシリ 業者「宮崎産 返品の山」 感染区域外でも(毎日新聞)

 宮崎県の口蹄疫(こうていえき)問題で、感染発生地から半径20キロ範囲を超え、出荷に問題のない地域の県内畜産農家にも県外の取引先から「宮崎県産牛は売れない」と出荷を断られるケースが出ている。感染した牛の肉が市場に出ることはなく、同県延岡市の農家は「県産牛全体がイメージダウンしている」と嘆く。JA宮崎中央会も「販売される肉の品質に問題はない」と風評被害の広がりを警戒している。

【特集】写真や最新記事でみる口蹄疫 

 県北部の延岡市内で肉牛300頭を肥育する中島武夫さん(84)は「東国原(英夫)知事ブームのお陰で宮崎県産の人気が定着してきたのに……」と、ため息をついた。

 4月20日に中島さんの牧場から南へ約30キロ離れた同県都農(つの)町で感染1例目が確認されて以降、毎日、牛に酢を散布したり、敷地内に消石灰をまくなど消毒作業に余念がない。

 県内有数の畜産地帯の川南町などへも感染が広がった5月上旬。九州外の食肉卸売会社から「川南で買い付けが出来なくなった。牛を分けてほしい」と注文が入った。約5頭を搬送する矢先の18日、県内に「非常事態宣言」が出された。会社側から「スーパーで宮崎産が売れ残って返品の山になっている。もう要らない」と電話が入り、取引中止となったという。

 県内では牛・豚が全頭殺処分される移動制限区域(発生地から10キロ圏内)に、幹線道路の国道10号が入った。鹿児島県内にも取引先があったが延岡から南へ牛を運ぶには10号を通過せねばならず「移動中に感染したら大変」(中島さん)と取引を自粛。今は延岡市内の食肉処理場だけに牛を運び、肉は大手食品会社を通じて全国へ販売している。

 感染発生地から南西へ約80キロ離れた同県都城市の畜産業者にも影響が出ている。JA都城によると、県外の大手スーパーなどから「宮崎県産は遠慮します」との声があり、取引が停止している量販店も出ている。中村健次・肥育牛課長は「全国的に牛肉の相場が下がっている。口蹄疫問題の長期化で宮崎県産だけでなく、牛肉自体への買い控えの影響が心配だ」と述べた。

 また農林水産省によると、口蹄疫を巡る不適切な表示について4月20日〜5月31日に全国の小売店延べ約1万6000店を調査。うち9店(九州と関東、関西)で「宮崎県産の牛肉は取り扱っていません」などの張り紙があったが、すでに表示を撤去したという。

 JA宮崎中央会農政課は「殺処分の作業に追われ、風評被害の実態把握に手を付けられない」と頭を悩ませる。東京都内のデパートなどで宮崎を応援する物産展も開催されており「全国に向けて県産牛の安全性をアピールしたい」と述べた。

【中尾祐児】

 食品流通に詳しい甲斐諭・中村学園大教授 口蹄疫について政府など公的機関が「牛肉や豚肉を食べても感染する恐れはない」と繰り返し、広報すべきだ。風評被害110番のような通報窓口を設け、不適切な表示などをした業者への指導も必要だ。対策が不十分だと、今後、搬出制限区域内(発生農場から半径10〜20キロ)の健康な家畜の肉が出荷された時に風評被害が起きる危険がある。

【関連ニュース】
【写真で見る】感染拡大が深刻化する口蹄疫
【関連記事】質問なるほドリ:口蹄疫ってどんな病気?
口蹄疫:沖縄・石垣の牛は陰性 検査で判明
口蹄疫:「なぜ今ごろ?」首相現地入りに批判

衣替え 「まだ少し寒い」…装いはもう夏 名古屋(毎日新聞)
柔道女子高生、技あり 明石・強盗未遂 男の携帯番号聞き出す(産経新聞)
小沢幹事長 郵政法案「全力で今国会中に成立期す」(毎日新聞)
読広コムズ元社員、5500万円詐取容疑で逮捕(産経新聞)
<雑記帳>ツキノワグマ、今年も得意の棒回し 広島の動物園(毎日新聞)

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。